夜が幸いであるために

初台のGallery Zaroffさんのグループ展に参加します。
去年に引き続き2回目のザロフさんです。
去年は搬入の次の日から猫の具合がわるくなりました。
あの晩のこともよく覚えている。
悲しそうな顔の猫と無神経な自分と。
あれから、越えるのがつらい夜もあったなあ。
今回の「夜が幸いであるために」というタイトルがとても好きです。
祈るような気持ちが入っているから。
搬入した今夜、あの日と同じバスに乗り、あの日から続く紐をスルスルと巻き上げながら帰ってきました。

私は小さな15センチメートル程のペーパードールを3点作りました。
夜が幸いであるために作りました。
どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です