夜が幸いであるために

初台のGallery Zaroffさんのグループ展に参加します。
去年に引き続き2回目のザロフさんです。
去年は搬入の次の日から猫の具合がわるくなりました。
あの晩のこともよく覚えている。
悲しそうな顔の猫と無神経な自分と。
あれから、越えるのがつらい夜もあったなあ。
今回の「夜が幸いであるために」というタイトルがとても好きです。
祈るような気持ちが入っているから。
搬入した今夜、あの日と同じバスに乗り、あの日から続く紐をスルスルと巻き上げながら帰ってきました。

私は小さな15センチメートル程のペーパードールを3点作りました。
夜が幸いであるために作りました。
どうぞよろしくお願いします。

猫たま展

猫たま 展

10月6日[土]〜10月29日[月]★火水休館
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00

[Artists]
相場るい児
清葉
佐久間友香 ※会期途中より参加
日野まき

■入場料:500円
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

去年の夏、猫のちーこが死んでしまった。
ペットなんて言葉は私の中にはなくて、小さな家族だった。
ぽっかりと穴が開くとはこういうことかと、思いながらよく泣いた。

迷子札というものが明治、大正時代にあって、子供が迷子になった時のために首からぶら下げたり、帯に付けたりしていた。
その中には、はぎれでこしらえた押絵の犬や猫や童子の形をしたものがあった。
それらを見た時に、あの世に行く猫に持たせたら、また会えるかなあと思ったのだ。

そして迷子札と猫の遺髪入れを作りました。
ひとがたは猫と一緒に焼いてもらう迷子札。
ねこがたは残された人が持っている遺髪入れ。

どうぞ浅草橋まで見にいらしてくださいませ。

1/2error

大切な友人、吉岡英利子さん作・演出のお芝居です。私はチラシと、舞台に登場する作品を提供させて頂いています。

2年前、「まきちゃんの作品を使わせてほしいんだ」と、わくわくするような提案をしてくれた。
吉岡のお芝居に、私の作品が登場する日が来るなんて、出会った頃には思ってもみなかった。
続けてきてよかったね!ありがとうね!

どうか大好きな吉岡の素敵なお芝居を、たくさんの皆さんに観てもらえますように。
ぜひ劇場に足をお運びください!